• 「ママになってもキレイ」から「ママだからキレイ」の時代に

  • 2012 / 02 / 16

  • しょっぱなからこんな話で恐縮ですが、
    我が家には2匹の妊婦さんがいます。
    ヒョウモントカゲモドキの菊姫と、
    ハイナントカゲモドキのナンちゃんです。
    この2匹は、最近卵を産みました。

     

    ナンちゃんに関しては、かなりおチビさんなのでよくわからないのですが、
    菊姫のほうは出産してから少し体に変化がありました。
    1)出産に体力を使ったからなのか、
    顔やお腹がすっきりして、華奢な雰囲気になりました。
    2)飼い主も気を遣って栄養価の高いエサをあげているので、
    体の色の発色が良くなりました。
    3)お母さんになったからなのか、
    顔立ちが少し優しく女の子らしい雰囲気になりました。
    …そうなのです。全体的に菊姫は「可愛く」なったのでした。
    (これは人間基準の「可愛さ」なので、同種から見てどうなのかはわかりません)

     

    人間と爬虫類を比較するのは申し訳ない話ですが、
    ここからは私の友人の話。

     

    最近赤ちゃんを産んだというので会いに言ってみると…
    ほっそりしてる!肌もキレイ!表情もなんだか女性らしい!
    もともと美人でしたが、さらにキレイになっていたのです。

     

    そういえば、私の家の近所でも、
    よくモデルさんと見まがうほどのキレイな女性がベビーカーを押しているのをよく見かけます。

     

    子育ては本当に大変だと思いますが、
    子育てに協力的なパパが増えてきたり、
    便利なベビーグッズが次々と開発されたりで、
    少しずつですがママが自分の時間を取れるようになってきたのかもしれませんね。

     

    「ママになってもキレイ」というキーワードを最近よく聞きますが、
    もしかしたら近々、
    「ママだからキレイ」という時代が来るんじゃないかな~と思っています。

     

    ママになるのをずるずる先延ばしにしている私が言うのも何ですが…

  • 「自分が学ぶために働く」のはアリ?ナシ?

  • 2012 / 02 / 13

  • 「面接の時に『○○を学びたいから御社で働きたい』というヤツがいてけしからん」
    とか言う声をよく聞きます。

     

    みなさんは、「自分が学ぶために働く」ってアリだと思います?ナシだと思います?

     

    面接の時にそれを言っちゃうのは考えものですが、
    私としてはその考え方、大いにアリなんじゃないかと思っています。

     

    というか、学生時代のアルバイトも含め、ずいぶん学ぶ目的で働いてきました。

     

    ここで懺悔すると、
    パソコンの仕組みを勉強をするためにパソコン量販店で働きました。
    英語とプレゼンの勉強をするために首都圏有数のスパルタ進学塾で働きました。
    従業員教育の方法を勉強するために急成長中の飲食チェーンで働きました。
    そういえば、唯一わりとピュアな理由で働いていた通信販売会社でも、
    ずいぶん沢山資格試験を受けさせていただきました。
    辞めてしまってごめんなさい…m(_ _)m

     

    さて、私が「自分が学ぶために働く」のがアリだと思う理由は3つあります。

     

    1)仕事でギリギリまで追いつめられたときにも、
    「これを乗り切ったらさらに自分を向上させられる!」と思ったら頑張れる。

     

    2)仕事で不条理なことがあっても
    「勉強できたからいいや♪」と開き直れる。

     

    3)他人の目にさらされるし、責任も生じてくるので、学ぶのに必死になれる。
    だから、習得が早くなる。

     

    いいことばっかりじゃないですか!

     

    「自分が学ぶために働く」というのは、何も自分だけの利益を考えて働く、ということではありません。
    むしろ、お客様や関係者が喜ぶことを考えれば考えるほど、さらに広く深く学べるのではないかと思っています。

     

    「人の役に立つために働く」と「自分が学ぶために働く」。
    入り口は違っても、
    毎日頑張って働いていれば、もっと人の役に立つし、自分ももっと学べるものだと思っています。

     

    なんだか真面目なことを書いてしまいました。ではでは~。

  • ラブレターとプレゼン資料の共通点。「夜書いて朝読むと恥ずかしい」。

  • 2012 / 02 / 11

  • 独立してから、心がけていることがあります。

     

    資料作成は必ず〆切前日に済ませて、〆切日の朝に見直してから提出する、
    ということです。

     

    「心がけている」レベルで恐縮なのですが…

     

    なぜ完成した直後にに送らないかというと、
    「プレゼン資料はラブレターと一緒で、
    夜書いたものを朝読むと相当恥ずかしいから」
    です。

     

    真性夜型人間の私は、
    深夜に脳が活性化します。
    正確に言うと、22:00~26:00ぐらいがアドレナリンのマックスです。
    (ああ、肌に悪そう…)
    その時間帯は、サクサク資料作成が進むのですが、
    ある意味ハイな状態になっています。

     

    ハイになった状態で書いたラブレターが危険なように、
    そんな状態で書いたプレゼン資料も相当危険です。

     

    なので、朝改めて読んでみると、
    誤字脱字や論理のズレが沢山あって、
    「あ~このまま提出しなくて良かった!」
    とつくづく思います。

     

    なので、必ず朝もう一度見直して修正してから提出しているのです。

     

    今こうしている間も明日のプレゼン資料作成中。
    朝7:00に電車に乗るのですが、果たして見直せるか不安です。
    万一のために今の状態でプリントアウトだけはしておこう…

  • 「一夜漬けを一生続けなさい」高校の先生の名言(1)

  • 2012 / 02 / 09

  • Facebookを使うようになってから、
    学生時代の友人や先生と偶然つながりができることが多くなりました。

     

    そのせいか、
    当時のことを思い出すことも以前より増えた気がします。

     

    その中でも、特に思い出すのが、
    お世話になった先生方の思い出です。

     

    小学校から大学を通じて、
    私は決して良い生徒ではなかったと思います。

     

    特に高校時代は、
    コンビニで雑誌の立ち読みに夢中になり、しょっちゅう遅刻していました。
    校門でのスカート丈の検問は、中腰になって乗り切っていました。

     

    そんな私に見切りをつけることなく指導してくださった先生方、
    今更ですが本当に感謝しています。

     

    さて、今回から何回かにわたって、高校の時に先生が言ってくださった言葉を載せていこうかと思います。

     

    最初は、古文のM先生の
    「一夜漬けを一生続けなさい」
    という言葉です。

     

    毎日コツコツ何かを続けることは、確かに重要。
    でも、人間はそんなに強い意志を持っているとは限らない。
    だから、コツコツ続けられない人は、
    せめて大事なことの直前に必死で詰め込む「一夜漬け」をしなさい。
    そして、それを一生続けなさい。
    コツコツできないからって、諦めるべきではない。
    「一夜漬け」だって積み上げれば必ず目に見える価値になる。
    …という意味です。

     

    何て含蓄のある言葉なんだ!と今になって思います。
    毎日コツコツ続けることができないからって自分を責める必要はないんですよね。
    その時その時で集中して精一杯やれば、それでOK。
    こう考えると、何だかとても救われた気分になります。

     

    物事が計画通りに進まなくても、
    さっと気持ちを切り替えられる、そんな言葉でした。

  • 「なしくずし」の購買心理(2)

  • 2012 / 02 / 02

  • 昨日、「なしくずし」が正しくは、
    「物事を少しずつかたづけていくこと。徐々に物事を行うこと。」
    という意味だったという話をしました。
    でも、今回の「なしくずし」は、
    着崩れた和服美人…いえ、
    「勢いに流されてしまい、相手の思い通りになってしまうこと」
    のほう、つまり誤用のほうの「なしくずし」です。

     

    ここからは真面目な話。

     

    バーゲンに行くときや、ディスカウントストアに行くときのことを考えてください。
    最初に買う商品を買い物かごに入れる(あるいは精算する)までは、
    決定にかなり時間がかかります。
    でも、何か1つ買い物かごに入れて(あるいは精算して)しまうと、
    次からの商品の購買決定は急に早くなると思います。
    「ついでにこれも」
    「どうせならこれも」
    と、どんどん追加して買って行くことになります。

     

    ドンキホーテなどがそうですね。
    特に目的もなくふらりと入ったはずなのに、
    「あ、シャンプーが安くなってる」
    とか思ったら最後、
    なぜかどんどん買いたいものが増えて行って、
    あのペンギンの描いてある大きな袋を抱えて店を出る事になります。

     

    私なんて、この前散歩のついでに寄った家の近くのドンキホーテで
    「ティッシュケース付きゴミ箱」
    を買ってしまいました。
    なんとなく便利な気がしたのですが、
    冷静に考えたら別々でもいいような気がします。

     

    そういえば「メタボ体型」ってプリントされたTシャツも売ってたな。
    誰が買うんだ…!?

     

    いえ、私の個人的なドンキホーテ経験はいいとして、
    次からはちょっと真面目に「なしくずし」購買心理について語ってみようかな~と思います。
    (多分)

  • 「なしくずし」の購買心理(1)

  • 2012 / 02 / 01

  • 「なしくずし」、なんとなく退廃的で艶っぽい響きのする言葉です。
    一般的には、
    「勢いに流されてしまい、相手の思い通りになってしまうこと」
    という意味で使われていることが多いと思います。
    なので、
    「なしくずし」とおいう言葉を聞くたびに、
    着崩れた和服姿の女性が畳にしどけなく座っている姿を想像してしまうのは、
    私だけではないと思います。(多分)

     

    とはいえ、イメージだけで言葉を使うのは危険と常々思っていますので、
    「なしくずし」を辞書で調べてみました。

     

    なし‐くずし【済し崩し】‐くづし
    物事を少しずつかたづけていくこと。徐々に物事を行うこと。「企画が—に変更される」
    (小学館 国語辞典)

     

    え?ほんと?

     

    どうやら、この意味が本当みたいで、
    一般的に使われている「なしくずし」は誤用みたいですよ。

     

    なので、
    「借金をなしくずしにする」
    は、
    「借金をうやむやにして無かったことにする」
    という意味じゃなくて、
    「借金を計画的にきちんと返済する」
    ということなんですね。

     

    ふ~ん、勉強になるなぁ。

     

    あ、今回購買心理まで話が行きませんでしたね。
    続きは次回~。

  • 「チラ見せ」を効果的に使う!

  • 2012 / 01 / 31

  • 私が通っていた大学は、男性比率が非常に高かったため、
    学生時代は男子校のような環境で生活していました。
    当然、毎日男子たちのおバカ話を聞いていたわけです。

     

    「床に落ちているものを拾おうとしてかがんだOLの胸もとがいい」
    だの、
    「駅の階段で女子高生がスカートを押さえる仕草がいい」
    だの。

     

    そんなに下着が見たいなら、
    セ○ールのカタログでも見れば!?
    と、男ゴコロの機微もわからぬ私は、
    そう心の中でつぶやいていました。

     

    でも、今考えると、
    彼らは一部だけ見えて全体が見えない、
    いわゆる「チラ見せ」に胸をときめかせていたのです。

     

    「チラ見せ」っていろんな場面で使われていますよね。
    例えば、
    車の全体像を発売まで見せない車のCM、
    テレビドラマの予告編映像。

     

    広い意味で言えば、
    製法を明かさない「秘伝のたれ」や、
    買わないと開けられない雑誌の袋とじなども、
    「チラ見せ」商法なのかもしれません。

     

    「チラ見せ」は、
    例えば私たち士業のブログやホームページ、メルマガでも使えそうですね。
    お客様が興味をひくような知識のエッセンスのみ見せる、というようなやり方で。
    私の身の周りにも上手に「チラ見せ」を取り入れている方がおられます。

     

    「チラ見せ」をする条件として、
    その商品やサービスが十分魅力的でないといけません。
    そうでないと、お客様をだますことになってしまうので…

     

    私も、「チラ見せ」が効果的に使えるぐらいになれるよう、
    精進したいな~と思っています。

  • 夫や彼氏に洗濯してもらう方法をSL理論で考えてみる

  • 2011 / 09 / 01

  • 9月になりました。でもまだまだ残暑は続きます。
    暑い日が続くと、汗をかくせいか洗濯物がたまりやすくなりますよね。
    こんなときに夫や彼氏が洗濯を手伝ってくれれば…と思うことありませんか?
    女性のみなさん。
    そこで、夫や彼氏にどうにか洗濯してもらう方法について、
    SL理論で考えてみました。
    SL理論というのは、
    「リーダーシップの取り方は部下の成熟度によって変わってくる」というものでしたね。
    ここでは「リーダー=女性」「部下=男性」です。
    男性のみなさん、ごめんなさいね。

     

    SL理論の図って、こんな感じでしたよね。
    この図を見ながら考えていきましょう。

     

    131481582602413331964

     

    1)指示的リーダーシップ

     

    この段階では男性はまったくの洗濯ビギナー。
    タオルを「パンパン」としないから、タオルは平行四辺形やひし形になる。
    また、ナイーブな衣類をネットに入れないから、
    縫い目のほつれたワンピース、型くずれした下着、
    破れたストッキングが大量発生してしまう。
    この段階では、こみあげる怒りをぐっとこらえて、
    タオルの干し方やネットの使い方を
    手取り足取り説明したほうがよい。

     

    2)説得的リーダーシップ

     

    この段階では基本的な洗濯スキルが身に付いているので、
    男性もいろいろと疑問が出てくる。
    「普通の洗剤とおしゃれ着洗いはどう使い分ければいい?」
    「これとこれは一緒に洗ったら色移りする?」
    …そんなの自分で考えれば?!
    って思っても口に出してはいけない。
    疑問には優しく丁寧に答えてあげよう。

     

    3)参加的リーダーシップ

     

    この段階ではどんな洗濯物にも対応できるようになり、
    男性も洗濯の改善案を出すようになる。
    「風通しがよくなるよう物干竿の角度を変えてみよう」
    「もっと作業が効率的になるようにこれとこれを一緒に干そう」
    こういう時に男性は、数学や物理学、作業効率化のセンスを駆使し、
    さまざまな提案をしてくる。
    そのために物干竿やハンガーが増えてベランダの景観を損ねたとしても、
    見てみぬふりをしよう。ゴールはもうすぐなんだから!

     

    4)委任的リーダーシップ

     

    おめでとう!ここまでくれば、女性の勝利。
    この段階では、男性は洗濯に対し、プロフェッショナルとしての誇りを持っている。
    だから、どんな大量の洗濯物にも高いモチベーションで対応してくれる。
    もう、女性はネイルのはがれや手あれを気にすることもなく、優雅に生活できる。

     

    …こういうふうに思い通りにいけばいいのですが、
    思い通りにいかないのが現実のようです。

     

    とはいえ、家事を手伝ってもらうには、
    ダンナさんや彼氏さんを上手にほめることが一番大事かもしれませんね。

  • 「ロジャーズの採用者分布曲線」を爬虫類で考えてみる

  • 2011 / 08 / 26

  • 今年の4月2日に、

    ペットショップで一匹のヒョウモントカゲモドキの子供に一目ぼれし、
    衝動買いしてしまいました。
    人間の人差し指ほどの小ささ、つぶらな瞳、愛くるしい仕草、
    「この子が他の人のところに行くなんて我慢できないっ!!」
    そう思ってついつい買ってしまったのです。
    そのヒョウモントカゲモドキは、体にある紫がかった斑模様から
    「プラムちゃん」と名付けられました。

     

    予想通りプラムちゃんは非常に元気な子で、
    毎日エサをもりもり食べました。
    そして3ヵ月…
    プラムちゃんは体長15cmまで成長。
    目つきが鋭くなり、全身に豹のような斑点が現れ…
    なんというか、非常にワイルドな外見になりました。
    参考までにうちに来た友人たちの意見を。
    30歳代男性「…かっこいい…」
    20歳代女性「…」(無言で卒倒しかける)

     

    勇気のある方はこちらをご覧ください。
    (さすがの私もそのまま掲載するのに躊躇しました)
    4月時点のプラムちゃんの姿はこちら 。
    現在のプラムちゃんの姿はこちら 。
    こんな姿になると誰が想像していただろうか…う~ん。
    いや、そのワイルドさがたまらないのでありますが。

     

    さて、ヒョウモントカゲモドキはヤモリの仲間なのですが、
    「変わったペットだね」と言われることが多いです。
    (顔も可愛いし、色も綺麗だし、おとなしいし、
    こんなにペットに向いた爬虫類もいないと思うのですが)

     

    でも、上には上がいるもので、
    ニシキヘビやナミヘビをペットにしている人も最近では珍しくありません。

     

    私は、その姿にだいぶ慣れてきてきたものの、
    「ヘビをペットにするのはまだまだハードルが高いな…」
    と思っています。

     

    私たちの家を訪れる人の中で、
    ヒョウモントカゲモドキを「可愛い」という人が半分、「ちょっとムリ」という人が半分ぐらいなのですが、
    それがヘビだったら「可愛い」と言ってくれる人は何割ぐらいになるのだろうか?
    普段は可愛いペットだと思っていても、
    ふと冷静になったときにぞっとしたりしないだろうか?

     

    そんなことを考えてしまいます。

     

    爬虫類好きは意外と多いのですが、
    以下の3レベルに分けられると思います。

     

    レベル1(非常に一般的):カメ好き
    レベル2(ややマニア):トカゲ、ヤモリ、イグアナ好き
    レベル3(かなりマニア):ヘビ好き

     

    人数で言うとこんな感じですね。

     

    131436020671313115630

     

    マニア度で言うとこんな感じ。
    (人数とマニア度は反対の傾向になりますね、当たり前ですが)

     

    131436056862713401049

     

    あれ、こういう図、どこかで見たことがありません?

     

    あ、「ロジャーズの採用者分布曲線」ですね。

     

     

    131436025767313227712

     

    新型パソコンとかで、最初に革新者(いわゆるマニア)が買って、
    その次に初期採用者(オピニオンリーダー)が買って、
    次第に前期採用者、後期採用者、遅滞者が買っていく、
    という図です。
    ※文献によって微妙に名称が違うので気をつけてくださいね。

     

    そうです。この図もマニア度によってこのように変形できるかもしれませんね。
    (採用遅滞者は…「価格マニア」?)

     

    131436059016913115630

     

    話は戻りますが、
    爬虫類に飼ってみたいみなさまは、
    ぜひカメを飛び越えてヤモリやトカゲにチャレンジしてみてください。
    仕草も可愛らしいですし、見た目も綺麗ですよ!

  • 三味線から学んだこと

  • 2011 / 08 / 22

  • 年に1回の長唄三味線の発表会が終わりました。
    今回の演目は「元禄花見踊」。
    この1年間は仕事でいっぱいいっぱいで、
    なかなか練習ができなかったのが辛いところでした。
    ただ、仕事のおかげで神経がずぶとくなったのか、
    まったく緊張せずに弾くことができました。
    ある意味成長してるな、私…。
    さてさて、学生時代から日本文化が大好きで、
    長唄三味線は習い始めて7年になります。

     

    日本の伝統楽器(琴・三味線・尺八など)は、
    ギターやピアノに比べてどうもマイナー感があります。

     

    その理由として、
    曲目が単調に感じられたり、そもそも曲目が知られていないこともあると思いますが、
    伝統楽器の世界の特殊性もあると思います。

     

    伝統楽器の世界には次のような特殊性があります。

     

    1)師匠の「型」の徹底的な追求。
    最初から「個性」を出すのは×。「個性」は「型」を長年追求した結果、どうしても出てきてしまうよい意味でのブレのようなもの。
    2)師匠との関係、上下関係の重視。
    師匠を途中で変えるのは基本的には×。そしてなぜか能力に関係なく、弟子入りした順序で上下関係が決まっている。
    3)礼儀作法の重視。
    三つ指立てたお辞儀なんて、三味線を習うまでしたことありませんでした…。

     

    う~ん、まさに日本的ですね。
    このような日本的なことって、今日的には批判や排除の対象になりやすいと思うのですが、
    私は、大切なエッセンスが詰まっているのではないかと思っています。

     

    特に1)について。
    「個性」という言葉、軽々しく使われ過ぎている気がします。
    仕事でも勉強でもそうなのですが、
    自分を一度まっさらな状態にして、素直に先を行く人の「型」を学び続ける時期も必要な気がします。
    「個性」ってその先にあるものなんじゃないかな、って思っています。
    2)についても。
    能力に応じた評価制度、素晴らしいことです。
    でも、それとは関係なく先輩や年配者には敬意を払うべきだと思っています。
    先輩や年配者を見下す人や邪見に扱う人、私はちょっと苦手です。
    3)についても。
    過度な礼儀作法は不要ですが、
    「自分はまともな人間です」ということをアピールするために、
    ある程度のマナーは必要な気がしています。

     

    以上のこと、すべて伝統楽器に触れるようになってから気にするようになったことです。
    その意味では、楽器の奏法以外のことも学べているのかもしれません。

     

    とにかく、来年はもっと頑張ろう…

  • ARCHIVES

    • 2016 (4)
    • 2015 (2)
    • 2014 (3)
    • 2013 (1)
    • 2012 (27)
    • 2011 (9)
  • 06

    ふぞろいな中小企業診断士(同友館)

    中小企業診断士の資格を取って人生が変わった! 診断士になって、コンサルタントとして独立する人もいれば、そのまま企業に残る人もいる。 11人の手記・インタビューを中心に、30代・40代の中小企業診断士の生の姿に迫る!