• インナー(下着)のモデルさんの素晴らしさについて

  • 2012 / 03 / 25

  • 通販に欠かせないのがモデルさんですよね。

     

    モデルさんというお仕事は本当に大変な仕事で、
    体型やお肌の管理はもちろん、
    体力や忍耐力も必要です。

     

    通常、通販の撮影は販売開始の数か月前に行います。
    ということは、冬に水着の撮影をしたり、
    夏にコートの撮影をしたりということがあるわけです。

     

    私が立ち会ったことのある中で一番かわいそうだったロケは、
    冬の海での水着の撮影。
    撮影地が沖縄だったからまだよかったものの、
    全身に鳥肌を立てながらにっこりしている姿は、
    本当に尊敬モノでした。

     

    さて、モデルさんの中でも、
    私が一番スゴイ!と思っているのが、
    インナー(下着)のモデルさんです。

     

    「サイズが細かく分かれている」「実店舗でやや買いにくい」
    という特徴を持つインナーは、
    非常に通販と相性がいいです。
    でも、インナーのモデルさんは、
    一般に「ファッションモデル」と認識されている通常の服のモデルさんに比べ、
    やや目立たない存在でもあります。

     

    とはいえ、通常の服のモデルさんに比べて格段に、
    体のちょっとした変化を「ごまかしようがない」のも
    インナーのモデルさんです。

     

    太りすぎずやせすぎない体型を常にキープしなくてはいけませんし、
    日焼けも許されません。
    また、顔かたちを含む外見についても、
    「雰囲気」より「造形そのものの美しさ」が問われてしまうのもインナーのモデルさんです。

     

    加えて言えば、通常の服より体の露出する部分が多いので、
    モデルデビューするときにちょっとした葛藤があるのではないのかと考えられます。

     

    あまり目立たない存在ながら、
    コツコツと努力を重ねるインナーのモデルさん、
    本当にカッコいい!

     

    世の中に美容本は沢山ありますが、
    インナーのモデルさんたちにこそ書いてほしいと思っています。

  • 通販の最大のライバルはファストファッション?

  • 2012 / 03 / 20

  • たまに市場調査と趣味、スポーツ(?)を兼ねて
    渋谷のファストファッション激戦区に行くことがあります。
    西武百貨店A館B館の間を抜けて途中で左に曲がるとかなり効率的に回れます。

     

    o0800045611863527084

     

    この前は2時間でこれぐらい回りました。

    LOAVES

    Bershka

    Forever21

    ZARA

    H&M

    最近、通販の最大のライバルはファストファッションなのではないか?と思うことがあります。
    ・価格が安い
    ・大量に商品を見られる
    というわかりやすい共通点のほかに、
    ・接客を受けなくてもよい
    ・内装や陳列の二次元っぽさ
    というものもあります。

    「接客を受けなくてもよい」というのは意外と大きなポイントです。
    特に、外見や体型に悩みがある方や、いつものイメージとは違うファッションをしてみたい方は、
    店員さんに接客を受けるのが苦痛だと思っている可能性があります。
    通販やファストファッションにおいては、
    店員さんの目を気にせずぽんぽんと買い物かごに入れていくことができます。

    「内装や陳列の二次元っぽさ」というのは、
    あえて無機質なイメージの内装や陳列にしている店舗が多いということです。
    壁を真っ白にしたり、階段を透明にしたり、
    顔のないマネキンを使ったり、アクリルの什器を使ったりしています。
    そのことによって、あたかもクリックで画面移動をしているような感覚で買い物をすることができます。

    多くの共通点があるものの、ファストファッションが通販より勝っている点は、他の店舗販売と同様、
    ・試着ができる
    ・素材の触り心地や縫製を確かめることができる
    ということです。

    ファストファッションに勝つために通販業者は、
    ・デザインや企画、製造のストーリー性を見せる
    ・顧客とまめにコンタクトを取り一人一人との関係性を深める
    というようなことをますます強化していく必要があるかもしれませんね。

  • 「自分日報」をつけはじめてみた。

  • 2012 / 03 / 15

  • 独立してから8ヵ月になります。

     

    独立するということは、
    働く時間を自由に設定できるということであり、
    自分の上司が自分になるということです。

     

    もともと生活時間が一般とずれていたり、
    自分でいろいろ決めたかったりする性格なので、
    そんな生活が自分にはつくづく向いているなぁと思うのですが、
    それなりの悩みもあります。

     

    生活が不規則になってしまって健康面が不安になったり、
    どうしても仕事優先になってそれ以外のこと(家事など)がおろそかになったりすることです。

     

    「どうやって自分を管理したらいいんだろう?」
    そう考えたときに、
    小学5年生の時、ジョギングを1年間続けられたときの事を思い出しました。
    当時体が弱かった私に、父が1冊のノートを渡し、
    「明日の朝からジョギングを始めよう。
    きちんとできたらノートに○を書くこと。」
    と言ったのです。
    次の日の朝から父と私はジョギングを始め、
    何とか1年続けることができました。

     

    管理の基本は、記録すること。
    一人で記録し、管理するために、
    「自分日報」をつけることにしました。

     

    「自分日報」という名前をつけてみましたが、
    決まったフォーマットがあるわけではありません。

     

    エクセルの縦軸に日付、横軸に「毎日やりたいこと」を書いて、
    チェックシートのようにします。
    そして、エクセルの「データ」→「入力規則」→「リスト」で
    ○,△,×をプルダウンで選べるようにするだけです。
    私の場合、
    掃除や洗濯など単純に「やった/やらない」で判断できるものは○,△,×を、
    楽器の練習や勉強など取り組んだ時間を入力したいものは15,30,45,60など15分刻みで、
    それぞれプルダウンにしました。
    仕事のタスクは、タスクを書く欄と○,△,×を入力する欄をそれぞれ作りました。

     

    http://yuwithyou.net/2007/06/excel.html

     

    また、
    「人との会話で使いたいネタ」「良かったこと」「改善したいこと」
    をそれぞれ3個書ける欄も作りました。
    毎日いろいろなことを感じても、すぐに忘れてしまうので…

     

    あとは「ウィンドウ」→「ウィンドウ枠の固定」で入力しやすいように整えるだけ。

     

    すごく単純なのですが、結構これは使えます。
    毎日の入力は5分ぐらいなのですが、
    目的意識を持って生活できるので、時間が有効利用できるような気がします。

     

    まずは
    「入力を毎日続けられるように自分を管理できるか」
    なのですが…

  • 「ママになってもキレイ」から「ママだからキレイ」の時代に

  • 2012 / 02 / 16

  • しょっぱなからこんな話で恐縮ですが、
    我が家には2匹の妊婦さんがいます。
    ヒョウモントカゲモドキの菊姫と、
    ハイナントカゲモドキのナンちゃんです。
    この2匹は、最近卵を産みました。

     

    ナンちゃんに関しては、かなりおチビさんなのでよくわからないのですが、
    菊姫のほうは出産してから少し体に変化がありました。
    1)出産に体力を使ったからなのか、
    顔やお腹がすっきりして、華奢な雰囲気になりました。
    2)飼い主も気を遣って栄養価の高いエサをあげているので、
    体の色の発色が良くなりました。
    3)お母さんになったからなのか、
    顔立ちが少し優しく女の子らしい雰囲気になりました。
    …そうなのです。全体的に菊姫は「可愛く」なったのでした。
    (これは人間基準の「可愛さ」なので、同種から見てどうなのかはわかりません)

     

    人間と爬虫類を比較するのは申し訳ない話ですが、
    ここからは私の友人の話。

     

    最近赤ちゃんを産んだというので会いに言ってみると…
    ほっそりしてる!肌もキレイ!表情もなんだか女性らしい!
    もともと美人でしたが、さらにキレイになっていたのです。

     

    そういえば、私の家の近所でも、
    よくモデルさんと見まがうほどのキレイな女性がベビーカーを押しているのをよく見かけます。

     

    子育ては本当に大変だと思いますが、
    子育てに協力的なパパが増えてきたり、
    便利なベビーグッズが次々と開発されたりで、
    少しずつですがママが自分の時間を取れるようになってきたのかもしれませんね。

     

    「ママになってもキレイ」というキーワードを最近よく聞きますが、
    もしかしたら近々、
    「ママだからキレイ」という時代が来るんじゃないかな~と思っています。

     

    ママになるのをずるずる先延ばしにしている私が言うのも何ですが…

  • 「自分が学ぶために働く」のはアリ?ナシ?

  • 2012 / 02 / 13

  • 「面接の時に『○○を学びたいから御社で働きたい』というヤツがいてけしからん」
    とか言う声をよく聞きます。

     

    みなさんは、「自分が学ぶために働く」ってアリだと思います?ナシだと思います?

     

    面接の時にそれを言っちゃうのは考えものですが、
    私としてはその考え方、大いにアリなんじゃないかと思っています。

     

    というか、学生時代のアルバイトも含め、ずいぶん学ぶ目的で働いてきました。

     

    ここで懺悔すると、
    パソコンの仕組みを勉強をするためにパソコン量販店で働きました。
    英語とプレゼンの勉強をするために首都圏有数のスパルタ進学塾で働きました。
    従業員教育の方法を勉強するために急成長中の飲食チェーンで働きました。
    そういえば、唯一わりとピュアな理由で働いていた通信販売会社でも、
    ずいぶん沢山資格試験を受けさせていただきました。
    辞めてしまってごめんなさい…m(_ _)m

     

    さて、私が「自分が学ぶために働く」のがアリだと思う理由は3つあります。

     

    1)仕事でギリギリまで追いつめられたときにも、
    「これを乗り切ったらさらに自分を向上させられる!」と思ったら頑張れる。

     

    2)仕事で不条理なことがあっても
    「勉強できたからいいや♪」と開き直れる。

     

    3)他人の目にさらされるし、責任も生じてくるので、学ぶのに必死になれる。
    だから、習得が早くなる。

     

    いいことばっかりじゃないですか!

     

    「自分が学ぶために働く」というのは、何も自分だけの利益を考えて働く、ということではありません。
    むしろ、お客様や関係者が喜ぶことを考えれば考えるほど、さらに広く深く学べるのではないかと思っています。

     

    「人の役に立つために働く」と「自分が学ぶために働く」。
    入り口は違っても、
    毎日頑張って働いていれば、もっと人の役に立つし、自分ももっと学べるものだと思っています。

     

    なんだか真面目なことを書いてしまいました。ではでは~。

  • ラブレターとプレゼン資料の共通点。「夜書いて朝読むと恥ずかしい」。

  • 2012 / 02 / 11

  • 独立してから、心がけていることがあります。

     

    資料作成は必ず〆切前日に済ませて、〆切日の朝に見直してから提出する、
    ということです。

     

    「心がけている」レベルで恐縮なのですが…

     

    なぜ完成した直後にに送らないかというと、
    「プレゼン資料はラブレターと一緒で、
    夜書いたものを朝読むと相当恥ずかしいから」
    です。

     

    真性夜型人間の私は、
    深夜に脳が活性化します。
    正確に言うと、22:00~26:00ぐらいがアドレナリンのマックスです。
    (ああ、肌に悪そう…)
    その時間帯は、サクサク資料作成が進むのですが、
    ある意味ハイな状態になっています。

     

    ハイになった状態で書いたラブレターが危険なように、
    そんな状態で書いたプレゼン資料も相当危険です。

     

    なので、朝改めて読んでみると、
    誤字脱字や論理のズレが沢山あって、
    「あ~このまま提出しなくて良かった!」
    とつくづく思います。

     

    なので、必ず朝もう一度見直して修正してから提出しているのです。

     

    今こうしている間も明日のプレゼン資料作成中。
    朝7:00に電車に乗るのですが、果たして見直せるか不安です。
    万一のために今の状態でプリントアウトだけはしておこう…

  • 「一夜漬けを一生続けなさい」高校の先生の名言(1)

  • 2012 / 02 / 09

  • Facebookを使うようになってから、
    学生時代の友人や先生と偶然つながりができることが多くなりました。

     

    そのせいか、
    当時のことを思い出すことも以前より増えた気がします。

     

    その中でも、特に思い出すのが、
    お世話になった先生方の思い出です。

     

    小学校から大学を通じて、
    私は決して良い生徒ではなかったと思います。

     

    特に高校時代は、
    コンビニで雑誌の立ち読みに夢中になり、しょっちゅう遅刻していました。
    校門でのスカート丈の検問は、中腰になって乗り切っていました。

     

    そんな私に見切りをつけることなく指導してくださった先生方、
    今更ですが本当に感謝しています。

     

    さて、今回から何回かにわたって、高校の時に先生が言ってくださった言葉を載せていこうかと思います。

     

    最初は、古文のM先生の
    「一夜漬けを一生続けなさい」
    という言葉です。

     

    毎日コツコツ何かを続けることは、確かに重要。
    でも、人間はそんなに強い意志を持っているとは限らない。
    だから、コツコツ続けられない人は、
    せめて大事なことの直前に必死で詰め込む「一夜漬け」をしなさい。
    そして、それを一生続けなさい。
    コツコツできないからって、諦めるべきではない。
    「一夜漬け」だって積み上げれば必ず目に見える価値になる。
    …という意味です。

     

    何て含蓄のある言葉なんだ!と今になって思います。
    毎日コツコツ続けることができないからって自分を責める必要はないんですよね。
    その時その時で集中して精一杯やれば、それでOK。
    こう考えると、何だかとても救われた気分になります。

     

    物事が計画通りに進まなくても、
    さっと気持ちを切り替えられる、そんな言葉でした。

  • 「なしくずし」の購買心理(2)

  • 2012 / 02 / 02

  • 昨日、「なしくずし」が正しくは、
    「物事を少しずつかたづけていくこと。徐々に物事を行うこと。」
    という意味だったという話をしました。
    でも、今回の「なしくずし」は、
    着崩れた和服美人…いえ、
    「勢いに流されてしまい、相手の思い通りになってしまうこと」
    のほう、つまり誤用のほうの「なしくずし」です。

     

    ここからは真面目な話。

     

    バーゲンに行くときや、ディスカウントストアに行くときのことを考えてください。
    最初に買う商品を買い物かごに入れる(あるいは精算する)までは、
    決定にかなり時間がかかります。
    でも、何か1つ買い物かごに入れて(あるいは精算して)しまうと、
    次からの商品の購買決定は急に早くなると思います。
    「ついでにこれも」
    「どうせならこれも」
    と、どんどん追加して買って行くことになります。

     

    ドンキホーテなどがそうですね。
    特に目的もなくふらりと入ったはずなのに、
    「あ、シャンプーが安くなってる」
    とか思ったら最後、
    なぜかどんどん買いたいものが増えて行って、
    あのペンギンの描いてある大きな袋を抱えて店を出る事になります。

     

    私なんて、この前散歩のついでに寄った家の近くのドンキホーテで
    「ティッシュケース付きゴミ箱」
    を買ってしまいました。
    なんとなく便利な気がしたのですが、
    冷静に考えたら別々でもいいような気がします。

     

    そういえば「メタボ体型」ってプリントされたTシャツも売ってたな。
    誰が買うんだ…!?

     

    いえ、私の個人的なドンキホーテ経験はいいとして、
    次からはちょっと真面目に「なしくずし」購買心理について語ってみようかな~と思います。
    (多分)

  • 「なしくずし」の購買心理(1)

  • 2012 / 02 / 01

  • 「なしくずし」、なんとなく退廃的で艶っぽい響きのする言葉です。
    一般的には、
    「勢いに流されてしまい、相手の思い通りになってしまうこと」
    という意味で使われていることが多いと思います。
    なので、
    「なしくずし」とおいう言葉を聞くたびに、
    着崩れた和服姿の女性が畳にしどけなく座っている姿を想像してしまうのは、
    私だけではないと思います。(多分)

     

    とはいえ、イメージだけで言葉を使うのは危険と常々思っていますので、
    「なしくずし」を辞書で調べてみました。

     

    なし‐くずし【済し崩し】‐くづし
    物事を少しずつかたづけていくこと。徐々に物事を行うこと。「企画が—に変更される」
    (小学館 国語辞典)

     

    え?ほんと?

     

    どうやら、この意味が本当みたいで、
    一般的に使われている「なしくずし」は誤用みたいですよ。

     

    なので、
    「借金をなしくずしにする」
    は、
    「借金をうやむやにして無かったことにする」
    という意味じゃなくて、
    「借金を計画的にきちんと返済する」
    ということなんですね。

     

    ふ~ん、勉強になるなぁ。

     

    あ、今回購買心理まで話が行きませんでしたね。
    続きは次回~。

  • 「チラ見せ」を効果的に使う!

  • 2012 / 01 / 31

  • 私が通っていた大学は、男性比率が非常に高かったため、
    学生時代は男子校のような環境で生活していました。
    当然、毎日男子たちのおバカ話を聞いていたわけです。

     

    「床に落ちているものを拾おうとしてかがんだOLの胸もとがいい」
    だの、
    「駅の階段で女子高生がスカートを押さえる仕草がいい」
    だの。

     

    そんなに下着が見たいなら、
    セ○ールのカタログでも見れば!?
    と、男ゴコロの機微もわからぬ私は、
    そう心の中でつぶやいていました。

     

    でも、今考えると、
    彼らは一部だけ見えて全体が見えない、
    いわゆる「チラ見せ」に胸をときめかせていたのです。

     

    「チラ見せ」っていろんな場面で使われていますよね。
    例えば、
    車の全体像を発売まで見せない車のCM、
    テレビドラマの予告編映像。

     

    広い意味で言えば、
    製法を明かさない「秘伝のたれ」や、
    買わないと開けられない雑誌の袋とじなども、
    「チラ見せ」商法なのかもしれません。

     

    「チラ見せ」は、
    例えば私たち士業のブログやホームページ、メルマガでも使えそうですね。
    お客様が興味をひくような知識のエッセンスのみ見せる、というようなやり方で。
    私の身の周りにも上手に「チラ見せ」を取り入れている方がおられます。

     

    「チラ見せ」をする条件として、
    その商品やサービスが十分魅力的でないといけません。
    そうでないと、お客様をだますことになってしまうので…

     

    私も、「チラ見せ」が効果的に使えるぐらいになれるよう、
    精進したいな~と思っています。

  • ARCHIVES

    • 2017 (3)
    • 2016 (4)
    • 2015 (2)
    • 2014 (3)
    • 2013 (1)
    • 2012 (27)
    • 2011 (9)
  • 06

    ふぞろいな中小企業診断士(同友館)

    中小企業診断士の資格を取って人生が変わった! 診断士になって、コンサルタントとして独立する人もいれば、そのまま企業に残る人もいる。 11人の手記・インタビューを中心に、30代・40代の中小企業診断士の生の姿に迫る!