• マーケティングミックス(4P)から見える地域性

  • 2012 / 08 / 27

  • 台風15号の折、沖縄の状況がとても心配ですが、忘れないうちに書いておきたいのでアップします。

     

    先週月曜日、沖縄県豊見城市で、販売・接客スペシャリスト育成セミナーを行ってきました。

     

    私は、主にマーケティングと販売の数字を中心にお話させていただいたのですが、
    面白い発見がありました。

     

    一言で言うと、「沖縄の女性は強い!」ということです。

     

    セミナーでは、自分がパン屋さんを開業すると仮定して、
    STP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)、
    マーケティングの4P(Product:製品、Price:価格、Promotion:販売促進、Place:チャネル)
    のフレームワークを使ってどのような方策を取るかを考えていただきました。

     

    o0465029812157415707

     

    すると、3分の1ほどの方が、
    4Pの「Place:チャネル」で「移動販売をします」とおっしゃるんですね。
    この方々、すべて女性でした。

     

    東京でセミナーをすると、「Place:チャネル」というと、
    店舗販売か、インターネット販売か、どちらかしか出てきません。
    なので、私にとっても想定外でした。

     

    それにしても、沖縄の炎天下の中、女性の細腕でカートを引いて売り歩くわけですよ。
    それが真っ先に出てくるって、本当に沖縄の女性って強いなぁと思いました。

     

    そして、強いと同時に賢いとも思いました。
    移動販売なら、場所代はかかりません。
    場所代がかからないのに、通信販売と違い、フェイストゥフェイスのやりとりができます。
    ローコストで、お客様との関係性を深めやすい方法ですよね。

     

    沖縄の女性はあたたかでおおらかなイメージですが、
    実は商売上手な方も多いらしいです。
    そんな話にも納得させられるエピソードでした。

  • 銭湯は仕事である。

  • 2012 / 08 / 01

  • 首都圏の温泉銭湯に通うようになって4ヵ月がたちました。
    今でも週に2回は電車に乗って銭湯に行っています。

     

    わざわざ電車に乗って銭湯に行くなんて無駄な行動だと思われる方も多いでしょう。ごもっともです。私自身ですらそう思いますから。
    とはいえ、その中から何かしら有益な部分を見つけようとするのが人間というものです。

     

    今回は、「銭湯に入る行為は仕事とよく似ている」ということを書こうと思います。

     

    一般的に、仕事においては、以下のことが重要だと言われています。

     

    ・準備や段取りを入念に行うこと
    ・生産的な行為と非生産的な行為を明確にすること
    ・社会的なルール、マナーを守る事

     

    これって、銭湯でも同じなんですよね。

     

    ・シャンプーやコンディショナー、タオルの準備、
    どういう順番で服を脱いでしまうかの段取りは、
    非常に重要です。
    特に下着を忘れて同じ下着を来て帰るときのむなしさといったらありません。

     

    ・銭湯における生産的な行動とは、体を洗うことと湯船につかること。
    非生産的な行動とは、服を脱いだり着たりすることです。
    服の着脱を効率化して時間を短縮することで、
    銭湯のコア部分である体を洗う時間や湯船につかる時間を長くすることができます。

     

    ・銭湯は公共の場から、当然ルールがあります。
    体を洗ってから湯船につかる、湯船にタオルはもちこまない、
    髪の長い人は髪をまとめて、シャワーを浴びるときは後ろの人に気をつける、
    などです。
    それを守ることで、常連のおばあちゃん(おじいちゃん)に親しみを持って声をかけられることになり、コミュニティの一員として受け入れられることになります。

     

    このように、銭湯というのは単なる体をきれいにする場、心を癒す場であるばかりでなく、仕事や社会生活に必要なエッセンスを学ぶことができる場でもあるのです。
    最近、銭湯に通う人が減り、子どもたちがこのような場を失っていることは、由々しき事態であると勝手に考えているのですが、いかがでしょうか?私自身、銭湯に通いつつ、仕事力を高めていけるよう頑張りたいと思います(笑)。

     

    o0480064012109396767

     

    不動産屋さんとのコラボ看板。

     

    o0640048012109396766

     

    懐かしい感じの下足箱。

  • ARCHIVES

    • 2017 (3)
    • 2016 (4)
    • 2015 (2)
    • 2014 (3)
    • 2013 (1)
    • 2012 (27)
    • 2011 (9)
  • 06

    ふぞろいな中小企業診断士(同友館)

    中小企業診断士の資格を取って人生が変わった! 診断士になって、コンサルタントとして独立する人もいれば、そのまま企業に残る人もいる。 11人の手記・インタビューを中心に、30代・40代の中小企業診断士の生の姿に迫る!